森林生物学研究室メンバー   


2015年1月 撮影


                         
Staff
教授
Professor
井鷺 裕司
Yuji ISAGI
遺伝マーカーを用いた森林動態と生物保全に関する研究
Study on forest dynamics and biological conservation using genetic markers
講師
Lecturer
高柳 敦
Atsushi TAKAYANAGI
野生動物による被害の防止と保護管理に関する研究
助教
Assistant professor
山崎 理正
Michimasa YAMASAKI
カシノナガキクイムシの寄主木及び穿孔部位選択様式
Host tree and borehole site selection by Platypus quercivorus
Ph.D. Researcher
中川 さやか
Sayaka NAKAGAWA
ツツザキヤマジノギクの集団内花形態変異に関する研究
Studies on the intrapopulational variation of floral morphology in Aster hispidus var. tubulosus(Asteraceae)
栗田 和紀
Kazuki KURITA
絶滅危惧植物のゲノム解析
木下 豪太
Gohta KINOSHITA
哺乳類の季節性毛色変化の適応進化
Seasonal coat color changes in Mammals
伊東 拓朗
Takuro ITO
台湾産マンネングサ属 (ベンケイソウ科) における特殊な平行適応放散の発見とその成立要因
Discovery of unique parallel adaptive radiations of genus Sedum (Crassulaceae) in a continental island Taiwan and verification of its evolutionary process
Doctor Course
D2 Yayan Kusuma Conservation genetics of Javanese Rafflesia
Pham Duy Long
Phototaxis behavior of ambrosia beetle Platypus quercivorus (Murayama) (Coleoptera: Platypodidae) before and after flight
Master Course
M2 芝林 真友
Mayu SHIBABAYASHI
希少種保全のための遺伝子解析
丹羽 峻也
Syunya NIWA
DNAメチル化解析によるササの開花時期調節機構の解明
八鹿 柾
Masaki YASHIKA
有毒植物バイケイソウのスペシャリストであるバイケイソウハバチの大発生に影響を与える要因
Factors affecting the outbreak of Aglaostigma amoorensis, the specialist sawfly that feeds on toxic plants Veratrum album
Tungga Dewi H. P.
Feeding ecology of Miyajima Sika Deer
M1 青山 祐輔
Yusuke AOYAMA
北摂地域におけるニホンジカの捕獲による生息密度の低下がもたらす植生回復効果の検証
河合 良弥
Ryoya KAWAI
ニューカレドニア産Oxera属(シソ科)10種の個体群動態推定
隈 廣志
Hiroshi KUMA
カシノナガキクイムシの穿孔に対する樹皮構造の影響
塚本 悠太
Yuta TSUKAMOTO
環境DNAを用いた希少植物の検出
Bachelor
B4 井ノ上 綾音
Ayane INOUE
カメラトラップを用いた堅果類不昨年のツキノワグマの行動
清水 大雅
Taiga SHIMIZU
ヒメツバキの集団遺伝構造
田中 智
Satoshi TANAKA
遺伝解析と形態調査によるスズメ目鳥類アカハラの亜種間比較
辻本 大地
Daichi TSUJIMOTO
アカガシラカラスバトの生活史進化
Life-history evolution of Red-head Wood Pigeon